自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

四季ノ唄/MINMI


稀代のトラックメイカーNujabesは、あまり他のアーティストに自身の楽曲提供することはなかった。

アニメ「サムライチャンプルー」の音楽監修を依頼されていたNujabesは、ED曲は歌モノしたいと考え、以前から親交のあった歌手MINMIに打診した。
引き受けたMINMIは、Nujabesの楽曲である”Beat laments the world"という曲(AL/metaphorical music収録)に歌入れしたいと提案した。
しかしNujabesは、それはインストありきで作った曲だからダメだよと固辞した。
それでもMINMIは、このトラックじゃなきゃ嫌だと、歌作りを始めた。
結局はNujabesが折れた形になったのか、原曲のままではなく幾度とmixを重ねて、この名曲が誕生した。
曲を聴けば、本当に細部までこだわったのがわかる。

四季ノ唄という曲名通り、日本の四季をテーマにした歌詞で、その中で”山菜”というワードが出てくるのは東北人として嬉しい。”さんさい”というより”sunshine”と歌ってるように聞こえる。歌詞に山菜が入ってる歌を、オレはこれ以外知らない。

サムライチャンプルーは海外で人気のアニメらしく、YOUTUBE観てると外人がこの曲を歌ってる動画多いね。
[AL/departure 収録]
Beat Laments the world/Nujabes

四季ノ唄/MINMI