自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

夜の終わり/Keishi Tanaka


Riddim SaunterでのボーカルKCとしての
時代に、彼は作詞はやっていたが作曲という面では殆ど携わっていなかった田中啓史がバンド解散後にソロデビューして初めて聴いた曲。

「えっ?こんな良い曲も作れたの??」
それが一番のサプライズだ。

きっと彼はボーカリストだけでなく、いち
ミュージシャンとして音楽と向き合ってたのだろう。そうじゃないと、こんな音楽はソロでいきなり出来ないよ。

まず英語詞だったRiddim Saunterからソロで
日本語詞を披露したんだけど、それがマッチしていた。
当人はソロ活動するってなった上でギターを
覚えたらしい。それでこのハイレベルな曲作っちゃうのか。

《夜が終わる》って哀愁を上手く曲調で表現できてるね。

サビでの伸びやかな歌声はKeishiの真骨頂
って感じで、耳障りがすごく良いんだな。

それと演奏も素晴らしい。

ドラムはTDCで、もう言わずもがなだし、
コントラバスを担当してるのは、元々
Riddim Saunter創設メンバーの千葉氏だ。

このコントラバスがいい味出してるんだな〜

もっと認知されてほしいアーティストだ。

[AL/Fill 収録]

小石は蹴飛ばして/片平里菜


個人的に片平里菜はもっと売れると思った。

福島出身だからとかじゃなく、いちシンガソングライターとして才能と惹きつける歌声で、もっと認知してほしかった。
紅白歌手になってほしかった。
それらをやっぱ大手レーベルで実現してほしかった。

ポニーキャニオンを離れて、どうなっていくのかな?
《ギタ女》がもっとブームになってりゃ
っては思うけど。

そんな片平里菜の大好きな曲。

『Oh JANE』ってシングルのカップリングなんだけど、地方情報番組で1フレーズ聴いて、素直にメロディーが良い曲だなと思った。

あまりこのレビューで、他のアーティストに
例える表現はあえて避けてる(それを知らない人もいるから)けど、HUSKING BEE磯部正文が作るメロディーっぽいなと思った。

起伏のあるサビが特にお気に入りで、小石を蹴るっていう行為に全て集約させたような歌詞も面白い。
ちょっと反社会的な気持ちで作ったみたい。
なんか女の人が一人カラオケで歌ってそう。
「♪心配するなら タクシー代払って〜〜‼︎」
ってな感じでね。

今からでも、もっと売れてほしいし、紅白歌手になってほしいと思うアーティストだ。

[Sg/Oh JANE 収録]

小石は蹴飛ばして

小石は蹴飛ばして

SWEET 19 BLUES/安室奈美恵


来たる9月16日、安室奈美恵が引退する。

30代の自分にとって安室奈美恵という強烈なポップアイコンを黎明期から見てきた気がする。

SUPER MONKEY'Sで認知され始め、
夜もヒッパレ】でMCになり、その番組での歌唱力に小室哲哉が惚れ込みプロデュースに至り、小室サウンドを世に知らしめていった。
アムラー》というファッションが一世を風靡し、『CAN YOU CELEBRATE?』大ヒットでシンガーとして不動の地位を築く。
往年はテレビ出演やライブでのMCを削ぎ、
孤高の歌手としてよりパフォーマンスに精進していった。

これらを一人で全部担ってきた安室奈美恵
凄い。同性から支持されるわけだ。

自分は以前レビューした『Only You』って曲が大好きなんだけど、やっぱ小室哲哉プロデュース時代に、本当良い曲だなと思ったこの曲をレビューしたい。

急にブラックミュージック調になったんだけど、それがものすごくマッチしていた印象。
元来、安室奈美恵はこういうR&Bをやりたかったみたいだね。

ゴスペルとの掛け合いが特徴のサビも良いんだけど、途中から変調していく
♪Change my life〜の部分が本当に好きなトコなんだな。
そこで力強さを発揮して、落ちサビでまた大人の様相に戻る。

「誰も見たことがない顔
あなたに見せるかもしれない」

この一文で19才という人生の節目を表現した
小室哲哉も凄いなと思う。

きっと引退してもファンは変わらず安室奈美恵を聴き続けるんだろな。

[AL/SWEET 19 BLUES 収録]

CASSIS OOLONG/Learners


発表されてから、ずっと待ちわびてたよ
Learnersの一年半振りの新譜はミニアルバム。
オリジナル2曲にカバー4曲が入ってる。

今回レビューするのはオリジナル曲。
作詞/作曲は松田"CHABE"岳二サン!
本当に敬愛するミュージシャンだ。

今までのゴキゲンなロカビリーテイストからは一線を画して、落ち着いたロックなアプローチを見せてくれたね!
こういった曲もラーナーズの引き出しになっている。

CHABEサンがやりたい事をボーカルの
紗羅マリーをフィルターにして表現してるね。
その頭の中にあるモノをラーナーズで昇華させている。
この曲は男性ボーカルには歌えない。

テーマはカシスウーロンだ。
物思いにふける女性が、一人でカシスウーロンを家で作って飲んで、暗い気持ちのまま踊りに行き、家にあるカシスウーロンの元へ帰って行く。

最近はカシスウーロンって飲まなくなった。
カシス○○って初めてお酒を飲む人が頼みやすいって印象だから、なんか30代でこれ頼むの気がひけるんだよな。

でも本当は飲みたいんだカシスウーロン‼︎

[mini AL/LEARNERS HIGH 収録]

CASSIS OOLONG

CASSIS OOLONG

  • LEARNERS
  • ロック
  • ¥250

運命の人/bonobos


レゲエやPOPSの要素が満載なダブバンドの
bonobos珠玉の名曲。
このバンドの素晴らしさ全部凝縮されてる。

ライブ映えする明るい歌も好きだけど、
やっぱダブバンドとしての真骨頂はこういう伸びやかなバラードなんじゃないかと思ってる。
ボーカル蔡忠浩の声を一番堪能できるし。

名バンドのフィッシュマンズを彷彿とされる
人も多いけど、それもそのハズでエレクトリックピアノフィッシュマンズのHAKASE-SANが参加している。

作曲はコジローことギター佐々木康之だ。
この人が作る歌の素晴らしさね。
脱退して本当に残念だった。

歌い始めを合図するかのようなギターは
コジローの仕事である。

そして一番盛り上がる部分はやはりサビなんだけど、その前のBメロ途中からタンバリンのような音が入ってくる。

あえてサビ始めではなく、その前からそれを
入れることで、サビへの期待感を上手く
楽器で演出している。

パーカッションのメンバーがいるバンドならではの部分だね。
ライブでは、少しテンポ速めでそのタンバリン部分ないけど、その分ライブならではのアレンジが聴ける。

本当に素晴らしい一曲。
ありがとうだワイ!!

[mini AL/GOLDEN DAYS 収録]

Teenagers Are All Assholes/Hi-STANDARD


歴史的名盤『MAKING THE ROAD』の
2曲目で、CDでは突出して好きな曲ってわけではなかった一曲。

しかしっ!!
ライブではそのイメージが一掃されたくらい
ライブ映えする攻めの曲に変貌する。

初めて見たのがAIR JAM2000の時だった
けど、とにかくベースとドラムのみのイントロが長い。
Kenサンはギター弾かずに踊ってるだけだし。

けど、そこのドラムがカッコいいから
ずっと聴いてられるのがハイスタ。

そしてKenサンの歌から入ってボーカル難波サンが入って来るんだけど、そこからのギアの上げ方がカッコいいんだな。
ふざけつつも、しっかりと見せ場を作るところは、さすがだなと。

それを最近のライブではベース・ドラムのみのイントロに踊っていたKenサンがギターを重ねている。

90年代あまり単音弾きしなかったKenサンも
グレッチに魅了され、ロックなアプローチでのギタープレイが増えた印象。
それが功を奏したのか、ここでのギターがものすごく高揚感を煽って、この曲をより高みへ持って行ってる。そんなアレンジだ。

とは言え、やっぱハイスタといえばツネサンのドラムが最高なんだけどね。

[AL/MAKING THE ROAD 収録]

Time Erases Everything/Steady&Co.


Dragon AshのKjとリップスライムのイルマリ、そしてスケボーキングSHIGEOからなるSteady&Co.が良いんよ。
こういう一枚限りのコラボアルバムって
何か好きなんだな〜〜
当時は70万枚のヒットとなったみたい。

そのアルバムを通して聴いていて、ふと
耳に止まったメロウなナンバー。
思わず体が止まった。
とにかくトラックが優しいんだ。

このイントロだけで、きっと心地よい曲なんだろなってのがわかるくらい。

最初はSHIGEOの独特なラップから始まり、
そこからイルマリのバースへ移行するんだけど、その冒頭でのリリックの
オレのマイクロコリズムに限界は無し
の部分が本当にカッコいい。
ところで「マイクロコリズム」って何なのだろう?
なんとなくニュアンスで感じとく。

そう!自分はイルマリの声が好きなんだな。
その入り部分だけエンドレスリピートしたいくらいに。

そして最後はKjのバースでしっかり締める。

なんかものすごくメロウな雰囲気の中にも、
しっかりとしたカッコ良さを演出してる。

[AL/CHAMBERS 収録]