自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

DO NOT/藤井フミヤ

f:id:curva-nord:20210415152409j:plain
自分はチェッカーズがタイムリーではなく
人気を肌で感じる事はなかった。

だから、藤井フミヤといえばソロの歌手
ってイメージがある。
そして代表する曲は『TRUE LOVE』
これに異存はないだろう。

けど、自分の中で藤井フミヤといえば
今回紹介する一曲なんだな。
本当に大好きな歌だし、完璧だと思う。
完成されているって言った方がいいか。

イントロのオルガンで、もうこの曲は
切ないよ。って音で言っている。

そして歌い出しの一発目。
♪どこまでも〜〜ここが綺麗で難しそう。
改めて歌が上手いなと。

Bメロではファルセットをみせて、
そこからサビ前で、もう一段階高い声を
披露する。

一転サビでは繊細さより力強さが強調
される。 
だからこそサビ冒頭の英語詞が活きる。

そのサビ最後に、また繊細な高音で
綺麗に締めくくる。
とにかく全体通してのメロディーが
素晴らしく良いんだ。

オルガンや間奏のギターソロのギター音
がすごくこもっていて、綺麗さだけじゃない世界を演奏とメロディーで表現
している。

これぞ名曲!!って本気で思う歌。

[Sg/DO NOT 収録]

Presence I/STUTS&松たか子 with.3exes feat.KID FRESINO

f:id:curva-nord:20210415105157j:plain
おぉ!!これは面白いメンツだな〜〜
そんな第一印象の一曲。

STUTSとフレシノの共演はテッパン
だけど、そこにディーヴァとして参加
するのは松たか子!!

ドラマ【大豆田とわか子と三人の元夫】
という、松たか子主演の作品のED曲。
ちなみに『3exes』というのは、
松田龍平角田晃広(東京03)・岡田将生

作中の松たか子の元夫3人で
コーラスとして参加している。

STUTSが制作した、この曲は本当に
作り込んだんだろうなっていうクオリティを感じる。
トラックは怪しい洋館を彷彿とさせる
雰囲気があって、そこからフレシノの
英語混じりのラップが入ってくる。

そして大半のメロを担当するのが松たか子
キー高めで入るんだけど、そのまま
維持して歌い上げる。
これはフレシノに合わせてのキーなのか?
素直に上手いなと思う。

一番好きなのは最後の部分。
松たか子の歌唱で締めるんだけど、
そのメロディが凄く良くて、歌手として
松たか子が最高に光ってるんだ。

みんなの相乗効果が凄い一曲。
企画モノだけにするのは、もったいない。

[配信限定/Presence I 収録]

Flower/KONCOS

f:id:curva-nord:20210412111701j:plain
最近はKONCOSばっか聴いている。

このバンドの特徴として、アルバムを
聴いた1回目は「ん?なんかイマイチ、、」

けど、何回か聴くと印象がどんどん
良くなる"スルメアルバム"なんだな。

今回紹介する3rd ALからドラムが正式に
加入して、ある意味1stとも言えるCD

後から加入したドラムの紺野清志の存在
が良かったし、もっと評価されるべき
ドラマーなんじゃないかなと思う。

この曲で、ギター&ボーカル佐藤寛は
前身バンドRiddim Saunter後期でよく
使ってた12弦ギターを弾いている。
この音色が多いギターやっぱ好きだな。

KONCOS特有の、同じ言葉を繰り返す
歌詞と、明るい曲調が印象的な一曲。

サビではパーカッションも使ってて、
より楽しさを演出している。

けど特筆すべきは、この曲の明るさだけ
じゃなく少し落ちる部分。

♪見えない ゆらぎ ゆらぎ 途切れた
ぼくは 花を描き続けた 誰かのために

この部分のあんまり明るくないメロディ
が本当に大好きなんだ。
2分チョイの歌だから、この好きな部分
一回しか出てこないのも良いね。

KONCOSのセンスを感じる歌だな。

ライブ ver.も載せてみるけど、古川太一
ベース似合わないな〜〜w
まぁ元来のベーシストじゃないし。
[AL/Colors&Scale 収録]

Flower

Flower

  • KONCOS
  • ロック
  • ¥255
ライブ ver.

The Three Wishes Of A Drawf/Riddim Saunter

f:id:curva-nord:20210413103739j:plain
2000年代のミュージックシーンに
欠かせないバンドだったRiddim Saunter

解散してしまったが、多分人生で一番
ライブに行ったバンドだ。
(基本ライブは1回だけでいい派)

1stアルバムは、フレッシュさがあって
よりクラブ寄りというか、踊れるような
フロア向きって印象だったけど、今回の
2ndで、バンド感が増したと思う。

そのアルバムの、中盤に不可欠だと思う
POPソングを紹介。
とにかく楽しげな一曲。

特徴はやっぱコーラスのバランスかな。
すごく出て来る所が秀逸というか、
塩梅がちょうどいい。

途中KCの早口にまくし立てる部分が
あるんだけど、そこが好きかな。
そこだけボーカルレベル(音量)が上がり
前面に来る感じと、エフェクトを上手く
使っている。
そして、よくこんな高音域の声を出して
プラス抑揚付けて歌えるなぁ。

作曲した古川太一のドラムも好きだ。
手数細かいから、すごく繊細。
ドラム聴いてるだけでも満足できる。

最後は物語が終わるかのような締め方。
このアレンジは最高に曲に合う。

[AL/Think,Lad&Lass 収録]

Welcomeing Morning/Chappie

f:id:curva-nord:20210412103850j:plain
先週くらいに音楽ニュース漁ってたら
ふと舞い込んだトピックがあった。

『Chappieサブスク解禁』

うわっ‼︎スゲー懐かしい〜〜
忘れかけてたChappieの名前。

ピコピコした音楽が好きになった時に、
出会ったのがChappieだったんだ。

デザイン集団が画策して作られたのが
Chappieで、多くを明かされていないのが特徴で、現代の傾向にある顔出ししないミュージシャンの先駆けかもしれない。

とは言え、楽曲提供のメンツが凄くて
井上陽水から草野マサムネまで多岐に
わたっているんだな。

今回はデビュー曲となった一曲で、
Chappieを初めて知った歌。

作詞/作曲/編曲をpal@popが担当。

エフェクト効いた女性ボーカルが
POPさを強調してくれているね。

それと、だんだんと下がっていくメロディ
と、そこから突き抜けるようなサビの
塩梅が最高なんだな。

そして終始思うのは、打ち込みのドラム
のカッコ良さね。
ここに、すごいこだわりを感じるんだ。

この令和でも十分に通用するユニット。

アルバム1枚だけリリースってのも、
なんか潔くて良き。

[AL/NEW Chappie 収録]

B-DASH/トンガリキッズ

f:id:curva-nord:20210409092146j:plain
2005年くらいの話。

まだSNSとかが普及していない時代に
「こんな音楽がある」
「こんなバンドいるのか」
これらは、ラジオだったり紙媒体で
知ることが出来て、それが口コミとなり
テレビなどに繋がっていった。

その典型が、トンガリキッズかな。

・グロテス F ニポポ
・ミスターポテイト アナベベ
・ハニホヘニハー

この3人組。名前に意味は多分ない。

とにかく、最初わかりやすいテクノで
期待させて、そこから持って来るのが
まさかのスーパーマリオのサンプリング
しかも、ファミコンの8bitのやつ。

俺を含めたファミコン世代には、
どストライクでハマったんだ。

テクノにコミカルさとキャッチーさを
植え込んで、何より楽しそうだ。

そして、令和の今になって衝撃が走る。
メンバーの1人、ハニホヘニハーが
Jazztronikの野崎良太だったのを知る。
(だから昨日レビューした)

当時メンバーには全く興味なかったから
余計にビックリした。振り幅凄いなと。

土管で行く地下ステージのBGMで、
少し暗い感じを出して、いざボーカル
入る部分から一番有名なステージの
BGMをトラックに入れて楽しさを演出
している。

最後に個人的に好きな歌詞を挙げたい。

♪もぉー!ちょっとお父さん
もぉー!チャンネル変えないで
もぉー!いいとこだったのに
もぉー!相撲は昨日も見たでしょ

[Sg/B-DASH 収録]

七色/Jazztronik

f:id:curva-nord:20210408141932j:plain
Jazztronikとは、音楽家の野崎良太の
ソロプロジェクトの名前。
特定のメンバーを持たないのが特徴で
縛られず野崎良太のやりたい音楽を
体現してて、それが実際に人気となってる。
CM曲とかも多く手がけてるから、
どこかで必ず彼の音楽は聴いている
んじゃないかな?

ハウスを好んで聴いてる時期に出会った
歌モノのハウスが今回の一曲。

Jazztronikの楽曲に何度か登場していたMyeという女性ボーカルに日本語で
歌ってもらっている。

ハウスっぽくループするリズムの上に
ピアノが乗ってトラックを引っ張って
いくんだけど、野崎良太の好きな点は
そこにストリングスを入れるのが上手いんだな〜〜

明るいだけじゃなく、一気に洗練された
音楽になるんだ。

歌い始めると休符が少ないというか、
間隔取らずに言葉が出てくる。
そして良い意味でメロディーの抑揚が
少ないから、どこがサビかわからない。

あえて感情込めないような手法は、
歌モノのハウスには合うと思う。

改めて野崎良太ってアーティストは
凄いなと思う一曲。

[AL/七色 収録]