自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

Searching For You/Matt Cab


『歌』『トラック』共に、最高のR&Bだと自信持って言える一曲。

マット・キャブとは、サンフランシスコ出身
男性R&Bシンガー。

日本が誇る稀代のトラックメーカーNujabesが音楽監修をしたアニメ『サムライチャンプルー』内のトラック"Aruarian Dance”に感銘を受け、日本に移り住んだという素敵な経歴を持つ。自分も大好きな一曲だ↓↓

そのNujabesを語る上で外さないのが、
Luv (sic)シリーズだろう。
Pt.1〜6まであって、このレビューブログ一番最初にPt.4を「世界一好きな曲」を評して語らせてもらった。

それに変わりはないが、個人的に一番女性ウケするといえばPt.2だと思っている。
実際一番人気あるかもね。

元々Shing02のラップがあるLuv (sic)Pt.2のトラックを、まんま使ってマット・キャブは最高のR&Bに仕上げた。
正にR&Bの貴公子の異名にピッタリだ。

Nujabesほとんどの曲の版元であるHydeout Productionは、他アーティストへの楽曲提供に関しては慎重な姿勢を貫いてるけど、Hydeoutが公式に使用認可したのはこの曲だけなんじゃないかなぁ。
(非公式にNujabesの曲使ってるやつは、YouTubeに国内外から沢山アップされてる)

なんでHydeoutはオフィシャルとしたか?

きっとマット・キャブに敬意を感じたんだろうと思う。もちろん楽曲も素晴らしいからってのもあるだろう。

こういう音楽の繋がり方は最高だと思う。

発表当初は配信限定だったけど、2016年に7インチレコード、錦織圭が監修したNujabesベスト「Kei Nishikori meets Nujabes」にてCD化されている。

[e.p/Searching For You 収録]
原曲- Luv (sic)Pt.2/Nujabes-

Matt Cab ver.

Route 66/John Pizzarelli


敬愛するミュージシャン松田"CHABE"岳二サンが監修したMix CD「RADIO Mix」(非売品)が素晴らしく、架空の海外ラジオDJが多岐にわたるジャンルを披露する内容で、いろんな音楽を知ることが出来た一枚。

その中で、耳に残ったジャズナンバーが
あって、調べたらJohn Pizzarelliというギタリスト兼シンガーだった。

名前に「Pizza⁈」って思ったら、
イタリア系アメリカ人らしい。ナルホド〜

さらに掘り下げると実はカバー曲で、元は
1940年のボビー・トゥループというジャズピアニストの楽曲だった。

トゥループが愛車でドライブ中に浮かんだ
メロディーを、即興で助手席の友人に聞かせて、そのまま曲にしたらしい。

それが、ジャズのスタンダードとして、広く知られる一曲になっていった。

原曲を聴いてみると、とにかく艶っぽい。
歌詞の、
♪Get Your Kicks on Route 66〜

このKicksのハネ方に色気を感じた。

ジョン・ピザレリも色気じゃ負けてない。

ピザレリの場合は♪66〜の所かな。

ギタリストだけあって、ギターを前面に
フューチャーするのかと思いきや、ピアノとベースがメインとなって、しっかりとピザレリ風のスイング・ジャズに解釈している。

個人的にベースのクリスチャン・マクブライドのプレーが凄いと思う。

Xmasの時期は陽気なジャズが合うね〜〜

このピザレリの一枚は、自分のようなジャズ新参者でも心地よく聴けると思う。

[AL/Dear Mr.Cole 収録]
原曲-Bobby Torup-

John Pizzarelli ver.

LA BOUM-MY BOOM IS ME-(HALFBY SOUND OF MOMO’S CHAIN REMIX)/カジヒデキ


【愛すべきカバー曲Week】と銘打ってるけど
今回ちと番外編なRemix版。

原曲は、日本一ボーダーTが似合う50才だと
勝手に思っているカジヒデキの一曲。

いくつになっても、この人の曲は甘酸っぱい。

この『ラ・ブーム』こそ、97年のデビュー曲。

コーラスには小山田圭吾(ex.コーネリアス
フリッパーズ・ギター)が参加している。

鍵盤を前面に出したノリノリな曲なんだけど、
色々メロディーが展開していって全く聴いてて飽きない。

最近Record Store Dayにて7インチレコードにシングルカットされた。

そんな大好きな一曲を、これまた大好きな
HALFBYが大胆にRemixした。

そのアレンジが、ものすごく良かった。

ちょっと変えるくらいなら、別に何とも思わないかもだけど、このRemixは原曲を良い意味で壊してHALFBYの曲にしている。

イントロからフルスロットルなSKA BEATに乗せて、カントリー・スウィング調にアレンジしている。

もうバンジョーやらストリングスなど、
ごちゃ混ぜパーティーチューン‼︎

ダウンロード版と7インチレコード版だけで、
CD化は未だされていない。

音源は取っておいたい派だけど、限定プレス数が600枚だったから、買えなかったシロモノ。

[e.p/LA BOUM-MY BOOM IS ME-収録]
原曲-カジヒデキ-

HALFBY ver.

GOING CRAZY/tick


楽器をカバーする上で大事なのは、原曲への
リスペクトとセンス。これに尽きる。

これらは必ず両翼にならないといけないし、
片方だけだと、愛を感じられない。

メロコア3ピースバンド10-FEETも今のバンドシーンでは重鎮となり、独自のフェス「京都大作戦」も例年大成功している。

一見フザけた感じもあるけど、音楽のバックボーンは幅広く、それら培った音楽を自分らのバンドに落とし込んで表現している。

実際に多方面のジャンルのミュージシャンから好かれていて、2006年に現役ながらトリビュートアルバムが発売された。

『feat.』という形で、基本そのアーティストがメインなんだけど、どこかで10-FEETが関与してるのが面白い。

この曲は AL「4REST」最後を飾るミディアム・ナンバーのカバーで、原曲はアルペジオを用いた割と爽やかなロックチューン。

これをカバーしたtickというバンドは、正直知らなくて聴いたんだけど、ハッキリ言って最高だった。

カバーってのは、こうでなくちゃと。

現在では解散しているが、金沢のバンドで、
ブラックミュージックを主体にそこにジャズやソウル、はたまたレゲエの要素を盛り込んだような音楽を表現している。

2002年にメジャーデビューした翌年、創設者のMC-Reigo5が他界している。

このReigo5の存在がキッカケで、現在活躍するUVERworldのボーカルは音楽を始めたって逸話があるらしい。

『静かなる動』を身上として、癒し系ともなるミドルテンポなカバーにした。

それがとてもアーバンライクでカッコよく、
バンドのスキルとセンスを感じた。

ブルースハープも曲調にピッタリだ。

冒頭と最後のラップは10-FEETのTAKUMAみたいなんだけど、最初わからなかった。
tickに寄せてきたラップを披露している。

原曲は英語詞で、そこは忠実なんだけど、最後にtickの解釈で日本語詞が入っている。

そこがすごくツボだった。

やっぱ他ジャンルのカバーは最高だな!

[V.A/6-feat 収録]
原曲-10-FEET-

Going Crazy

Going Crazy

tick ver.
GOING CRAZY feat.tick

GOING CRAZY feat.tick

卒業/二階堂和美


斉藤由貴が女優で活躍しようが、W不倫で世間を賑わせようが、自分には全くの小事である。

そんなことより自分にとって大事な事実は、
斉藤由貴の"卒業"こそ、卒業ソングNo.1』
ってことだ。
(次点で、AKB48の"桜の栞"かな)

叙情的な歌詞が、たまらないんだな。
「卒業式だから、みんなで思い出に浸ろうゼ‼︎」
みたいな歌詞ではなく、
「冷たいと思われても、涙はもっと大事な時にとっておきたいの」
卒業というテーマにそんな醒めた内容を、
ぶっこんでいる。

そんな稀代の卒業ソングは、いろんなアーティストでカバーされている。

二階堂和美も、その一人である。

以前の星野源SAKEROCKYOUR SONG IS GOODイルリメらが所属する「カクバリズム」にて、二階堂和美を知った。

経歴が、シンガーソングライターから何故か
僧侶というまで謎の幅広さ。

ジブリ映画「かぐや姫の物語」主題歌を担当し、広く知られるようになった。

その前に日産マーチのCM曲"ハミングスイッチ"をやっていて、その曲がすごく好きでCD買って、この"卒業"のカバーを知った。

基本アコースティックギターと、歌とコーラスだけのシンプルな構成。

けど、このアレンジが二階堂和美の歌の上手さを一番堪能できる形だろう。

息づかいまで聞こえてくる。

しっとりと力強く歌いあげる様から、卒業の哀しみが見えたりする。

ちなみに、サビ前の「あぁ」は斉藤由貴
レコーディング時のアドリブが、そのまま採用されたらしい。

[mini AL/ハミングスイッチ 収録]
原曲 -斉藤由貴-

卒業

卒業

二階堂和美 ver.
卒業

卒業

If I Fell/Nando Lauria


待ってる人は、きっと待っていた。(ハズ)

今年最後の【愛すべきカバー曲Week】

自分が好きなカバー曲に特化して、勝手に語るやつ。これで3週目!!

原曲からいくと、The Beatles珠玉の
ラブ・バラード『If I Fell (邦題:恋におちたら)』

ジョン&ポールの共作だけど、メインはジョンがライティングした一曲。

転調が多い曲だけど、ものすごく綺麗な
メロディーが印象的で、自分の中でビートルズのバラード群では一番好きな曲。

ジョン曰く「当時の妻以外の女性との
半自伝的な曲」らしい…どうやら不倫の歌★

敬愛する選曲家の橋本徹(SUBURBIA)キッカケで知った、ブラジルのソロギタリストNando Lauriaがラテン風にカバーしたこの曲が本当にツボだった。

当人はボーカルもやっていて、現在はソロ名義での活動はしていないっぽい。

過去に二枚アルバムをリリースしていて、

『Points of View(94年)』
『Novo Brazil(96年)』

その二枚をリマスターして、一つにコンパイルされたお得盤CDを買った。

この曲にはLyle Maysというジャズピアニストが参加してるんだけど、その人のプレイが好きだった。

高揚した時の表現には鳥肌が立った。

ナンド・ローリア本人の歌も素晴らしく、
色気のある高音を出す人だなぁと思った。

もちろんギタリストだけあって、ギターも優しくて丁寧なピッキングで耳に心地よい。

このビートルズの名曲を、すっかり自分のモノにしてるなって印象。
そこには原曲への愛があるね。

お得盤CDとは言ったけど、現在では廃盤らしく、値段もお得じゃなくなっている。

上記アルバム2枚共、iTunesなどに無く試聴できないけど、この曲だけcafeミュージックのコンピ盤みたいなのに収録されてたから、原曲と比べて試聴してみてほしい。

[AL/Narada Classic 収録]
原曲-The Beatles-

Nando Lauria ver.

イフ・アイ・フェル

イフ・アイ・フェル

  • ナンド・ローリア
  • ワールド
  • ¥250

パール/BiSH


自分自身、あまり一つのアーティストばかりに固執しないタイプだと自覚している。

けど、今年は初めからBiSHな一年だった。

1月に買った1st『KiLLER BiSH』を聴き倒し、個々のメンバーもわからぬままライブにも行き(一人で)後発のミニアルバム『GiANT KiLLERS』の内容も満足していた。

それと比例して、BiSHもメディア露出が増えていった。
幕張メッセでワンマン(sold out)から、セブンイレブンのおでんCMタイアップ、そして念願のミュージックステーション出演。

やはり作曲プロデューサー松隈ケンタの楽曲と
アイナ・ジ・エンドの声は人を惹きつける
魅力が大いにあるんだろう。

所属も一応、天下のavexだしね。

そして満を持して、先月発売の2nd AL
『THE GUERRiLA BiSH』を聴いた!!

通して聴いた最初の印象は「正直イマイチ」
だった。う〜〜ん。

1stが名盤だった分、なんか期待値高くしすぎてたかなぁ…と。

けど、通して二度三度聴いてみると、最初と印象が変わってきた。

「あれ?なんか良いアルバムかも」

特にアルバム後半からの展開が素晴らしい!!

そして1周目から一番耳に残ったのが、
今回紹介する曲だった。

初っ端からストリングスを前面に持って来て、疾走感のある2ビートがBiSHっぽい。

王道の泣きメロは健在で、特にサビで一番高いトコのアイナ・ジ・エンドの歌声がツボだった。

歌詞と曲名は、THE YELLOW MONKEYのオマージュかな?って思える内容。

あえてこの王道な曲を、リード曲にしなかったあたりはパンクなのかもね。

【楽器を持たないパンクバンド】ってテーマを持ったBiSHだけど、最近はストリングスや鍵盤を多用してきた。

売れようとする気持ちはひしひしと感じる。

2018年は横浜アリーナワンマンも決まってるし、もっと飛躍してほしい。

[AL/THE GUERRiLA BiSH 収録]

パール

パール

  • BiSH
  • ロック
  • ¥250