自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

Make Feel My Love/ADELE

f:id:curva-nord:20200710104000j:plain
世界的シンガーのアデルの一曲から。
だってデビュー作でグラミー賞ノミネート
されて部門賞獲っちゃうんだもんね。

その中でメッチャ響いた歌がある。
それを紹介したい。

ピアノ主体で流れていくんだけども、その
ピアノの音がまず最高。

澄んだ音、じゃなくてどこか篭ったような
音色なんだな。
それがすごく曲全体から漂う「喪失感」
みたいなのを演出してくれているんだ。

このイントロ聴いただけでグッと来る。
そこでもう鳥肌が立つ。

そしてアデルの歌よ。
なんて哀しいんだ。

しゃがれ声、とも違う特有の歌声がある。
声の質量が大きいとでも表現できようか?
ただ大きな歌声ではなく、やっぱ質量なんだ。
すごく耳から脳までの伝達が速い歌声。

所々で少し声が裏返るのも魅力。

漂う「喪失感」のあるメロディーの中で
着目したい、一つのフレーズがある。
♪I'd crawling down the avenue(動画1:49〜)
詳しい音階はわからないが、この部分に
ものすごくゾクっとさせられた。
今までの流れを若干逆流させるような。

現在アデルの作品は『19』『21』『25』と
3作あって、全てリリースされた自身の年齢を
アルバムタイトルにしてる。

つまり、今回の歌は19才の時なんだな。
なんてベテラン歌手感!!
グラミー歌手は伊達じゃないね。

[AL/19 収録]

光と影のロマン/宇徳敬子

f:id:curva-nord:20200708112738j:plain
勝手にB'zボーカル稲葉浩志の奥様だと
勘違いしてた、女性シンガーの宇徳敬子

かなりの透明感を持った歌手だ。
その中で大好きな一曲をレビューしたい。
アニメ『名探偵コナン』エンディング曲。
まずコナンに名曲揃いは、言わずもがな。

宇徳敬子と言えば、他の歌手のコーラスとして
抜群の仕事する人ってイメージだったけど、
自身で作詞/作曲も出来るから、生粋の
シンガーソングライターなんだな。

優しいギターとピアノのイントロから
始まり、その時点で癒しを提供する。

名探偵コナンの最後のシーンって犯罪シーンで
「キャーー‼︎」で続く、みたいなパターン
よくあるけど、それをエンディングで
中和させてくれるよう。

丁寧に歌う宇徳敬子の優しさもある。
力強いサビと、その前のBメロが素晴らしい。
サビ終わりの「光と影のロマン」という
フレーズをしっかりと使ってるんだな。

個人的にはサビの♪戦う毎日に明け暮れても
懐かしさで思う ふるさと

って部分がすごく綺麗で好きなんだ。

ライブ映像は初めて見たけど、CD音源と
変わらないクオリティーがある。

改めて良い曲だわ。

[Sg/光と影のロマン 収録]

Movin' on without you/宇多田ヒカル

f:id:curva-nord:20200708102959j:plain
90年代後期といえば、MISIAUAの台頭で
R&Bが広く認知され、一大ムーブメントを
日本の音楽業界で形成してった。

その一端どころか礎を担ったのは間違いなく
宇多田ヒカルだろうね。

バラエティ『笑う犬の生活』のエンディング
にて、初めて宇多田ヒカル『Automatic』
聴いた時は、不思議な曲だなくらいの印象
しかなかった。
自分自身、R&Bに免疫なかったのかな?

けど、2ndシングルの今回紹介する曲を
聴いた時は違った。
「これは凄いな!!」

確かチャート系の番組で初めて聴いたのは
サビからの部分だったけど、コーラスが
メインにも来る手法がオレには新鮮だった。
サビの♪フザけたアリバイのトコね。

レンタルして改めて聴くと、歌い出しが
メッチャ低いんだ。
ここからあのサビへ行くんだと良い意味で
ショック受けた記憶あるな。

そして、これを15才で作る才能と感性。
未だに凄いと思う。

久々に聴いたら、宇多田ヒカル以外の部分で
実はキーボードが良い仕事してるのがわかる。
この音が実は重要なんじゃないかな。
やっぱ良い曲だわ〜〜

そしてリリース当時8cmシングルだったんだ。
(後発で12cmマキシシングル出た)

[Sg/Movin' on without you 収録]

Present/浜崎あゆみ

f:id:curva-nord:20200706203453j:plain
ここ最近『歌姫』ってワード見ないな。

個々に思う『歌姫』がいればいいだけで、
大衆的な歌姫ってワードには否定的だったな。

今回は、浜崎あゆみの1st ALから。
なんか人生で2回くらいレンタルした
CDってのを覚えてる。

MDにオリジナルな"浜崎あゆみBEST"を
作ってみたりしてね。

そのCDとMD双方で、最後を飾った一曲。

すごく歌詞が好きなんだな〜〜
今でも、その好きな部分はソラで言える
くらいだから、印象強かったんだろう。

♪足りない時間割いて
駆けつけてくれる人もいる

そして私が間違ったら
叱ってくれる あなたありがとう

オレは、この曲は恋愛ソングと捉えてなく、
女性同士の関係性をテーマにした歌だと
思っている。

恋愛ソングだと仮定したら、あんま響かない
けど、信頼のおける友達と思ったら、
すごく良い関係なんだなぁと感じたから。

叱ってくれる友達いるかなオレ??
(そもそも叱られる事しないポリシー)

それを余計なビブラートとか用いずに、
ストレートで歌う浜崎あゆみが好きだ。

[AL/A SONG FOR ×× 収録]

VALON-1/Salyu

f:id:curva-nord:20200704212257j:plain
先週ちょっとションボリしてたから、
なんか欲してしまったSalyuの歌声。

取り出したのは、久々に1stアルバム
やっぱ最高だった。

そして一番滲みてきたのが『VALON-1』
改めて、なんて名曲なんだ…
何度も聴いてる歌なのに鳥肌立った。

もう歌い出しの♪体の〜このたった4文字で
「これは名曲だ」と思わせる説得力を感じる。
この後に駄作が出来るわけがない。

そして、この曲はAメロからサビへ行く。
つまりBメロが存在しない。
それが自然すぎて潔いんだな。

そして好きなのはコーラスワークだ。

1回目のサビ終わりからのAメロ部分。
ここでボーカルを重ねて奥行きを出す。

つか最初のサビでも、薄くコーラスというか
多分同じ音程のボーカルを重ねてるんだけど
やっぱ2回目Aメロのハモりコーラスが
神秘的で鳥肌モンなんだな〜〜

これ生で聴いたらヤバいだろな。
Salyuしか歌えないと思う。
優しさの中にも、力強さを感じる一曲。

別ver.でRIP SLYMEのイルマリのラップを
取り入れたやつもある。

合うのかどうかは、それぞれの感じ方だ。

[AL/landmark 収録]
MV

Salyu feat.ILMARI

GROOVE TUBE/Flipper's Guitar

f:id:curva-nord:20200702103231j:plain
やっぱフリッパーズ・ギター最高なんよ!

今回紹介する曲は、オリジナルより先に
イズミカワソラ』のカバーで聴いたんだ。

まず、これをシングルCDで出すっていう
意向にレーベルの懐の深さを感じるね。

ポップさ以上に、サイケデリックな様相で
音楽チャートを賑わすとは思えない。
しかも90年代初頭に。
やっぱマインドがパンクなんだな〜〜

オレ的に、今回の曲は紛れもないロック
だと思ってて、そこにグルーヴ感っていう
エッセンスを多く加えて、独特の世界観を
表現している。
バブル期も相まって、フリッパーズ流の
ディスコチューンにも捉えられる。

その現れか、サビに入ってもあえて
盛り上がりを抑えて流れのままのサビを
披露しているね。
バンドサウンドじゃ、これ出来ないもんな。

そして、この曲の好きな部分はサビの
フレーズの一文。♪恋もキスもセクシーも
これがなんかすごくアダルトというか、
都会的に聴こえるんだな。

それと、もう一つ。

♪夜のない世界で 僕らは目をつぶるのだろう
なんて哲学的な一文なんだ!!

いろんなアーティストにカバーされるのも
納得な、時代の先駆者的名曲。

♪さぁGroove Tubeを〜〜

[Sg/GROOVE TUBE 収録]

The Quizmaster-奈落のクイズマスター-/Flipper's Guitar


リリースしたオリジナルアルバム3作全て
趣向が異なったフリッパーズ・ギター

その3作目にして一番"異色"となった
『ヘッド博士と世界塔』
この作品を、人生のフェイバリットとして
挙げる人も多いくらいに名作。

サンプリングを多用してるんじゃなく、
全編サンプリングによって作成されてる。

その中で紹介する今回の曲。
ちゃんと聴くと「あれ?」って思うハズだ。
昨日レビューしたプライマル・スクリーム
『Loaded』を、まんま使ってるんだ。
もちろんオケを100%使ってるわけじゃなく
ギター入れたり、アレンジは施してるけど
基本のトラックはLoadedなんだな。

でも、この曲は凄いよ。

まず、ローテンションな小山田圭吾の歌ね。
抑揚を付けず、平坦なままでAメロから
サビまで一回歌っちゃうんだ。

そして2回目のサビならギアを上げていって
一回目にはなかったバース部分
♪Feed me, beat me, I'm a monkey
Lead me, cheat me, I'm a monkey

これを入れてハイライトを作る。

そこからの展開はもう最高よ。

あと、プライマル・スクリームのLoaded
リリースが1990年。

そして、フリッパーズのこの作品リリースが
1991年。
要は一年前の曲を大胆にサンプリング
してるんだ。(しかも無許可って噂)

改めてMV見ると、令和の今でも十分通用する
オシャレさがある。

本当に30年前の曲が疑いたくなる名作。

[AL/ヘッド博士の世界塔 収録]