自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

Selfish/小袋成彬


宇多田ヒカル 初プロデュース作品》

これだけで十分に話題性あるアルバムだと思うけど、実際耳にしてスゲぇなと思った。

宇多田ヒカルの『ともだち feat.小袋成彬
からの流れでプロデュースまで至ったのかもしれないけど、それは必然だったんだとさえ思える。

個人的にはダウナーすぎて、このアルバムは
万人ウケしないだろなって印象。

けど間違いなく突き刺さる人達もいる。

特に自分は宇多田ヒカルを客演に迎えた
曲よりも、この紹介する曲に惹かれた。

下記のリンクで一度聴いてほしい。

そこで「私は無いかな」って思った人‼︎
騙されたと思って、もう一回雑念無く聴いてほしい。

2回目の方が、より楽曲に吸い込まれるハズ

一言で言えば、この曲は芸術なんだ。

ものすごく繊細に作りこまれていて、音のバランス、歌声の強弱、メロディ展開、そして編曲センス、どれも素晴らしいんだ。

最先端ながら、どこか古めかしくもある。

エモいんだけどノスタルジック。

とにかく聴く人によって、いろんな解釈ができてしまう。

宇多田ヒカルのネームバリューを最大限に活かしてでも、いろんな人の耳に届いてほしい一曲。

[AL/分離派の夏 収録]

ファミリーパーティー/きゃりーぱみゅぱみゅ


だんだん勢いを感じなくなってきた、
きゃりーぱみゅぱみゅ

世界的になった"HARAJUKU"という日本の
ポップカルチャーのアイコンとして君臨してた時は同じ日本人として誇らしかった。

そのビジュアル面だけなら、そんなに世界的に認知されることはなかったろう。

やはり根底にあるのは、楽曲だと思う。

限りなくキャッチーで、耳障りの良い曲が日本語を知らない人達にも受け入れられたのだろう。

そんな折に、クレヨンしんちゃんの映画主題歌として発表された今回紹介する曲を聴いて、やっぱプロデューサー中田ヤスタカはスゲーなと思った。

特に印象的なのはAメロだ。

中田ヤスタカにしか作れない節というかメロディと言えるんじゃないかな。
この部分が本当好きで、自分にとってサビはオマケくらいにさえ思えてしまっている。

8bitと呼ばれるファミコンみたいな音を、さりげなく使っていてアクセントになっている。

そしてセンスを感じたのは、曲の導入部分。

イントロの途中からリズムを4つ打ちにしている。

最初からではなく、途中からそうすることによって、より歌パートが始まる高揚感を演出してるように思えた。

その世界観をしっかり表現できるきゃりーも
良いアーティストだと思う。

このテーマ曲となった『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!ロボとーちゃん』
がすごく良い作品みたいだから、今度見てみようと思う。

[Sg/ファミリーパーティー 収録]

The Pride/Hawaiian6


個人的にシャンソンメロコアを、初めて融合させたバンドだと思ってるHawaiian6

往年のシャンソンシンガー越路吹雪が好きになった頃に知ったバンドだったから、本当にツボだった。

けど、だんだんシャンソン感が薄れてきたなぁと感じていた時にリリースされた、このミニアルバム。

確かにシャンソンの要素は無くなった。

かもしれないけど、このミニアルバムの最後を飾る一曲に衝撃を受けた。

「なんだ、この曲?」

三連符の8ビートのイントロで始まるんだけど、歌のパートになると4ビートに移行し、ゆったりとした曲調になる。

そのメロディの哀愁がとんでもない。

当時のHawaiian6の楽曲で一番遅い分、
一番メロディが引き立っている。

こんな引き出しあったのかと驚嘆した。

Hawaiian6の楽曲は、全て英語詞だけど必ず日本語訳を読む。

とくにこの歌詞は素晴らしかった。

この歌が、僕が生きた証になる

この一文を見た時に、やっぱミュージシャンは良いなぁと思った。

結婚式のエンドロールで流す映像のBGMにも
最適だと思える一曲。

[mini AL/RINGS 収録]

花言葉/Dragon Ash


高校生の時に友達から訊かれた、
ドラゴンアッシュってバンド知ってる」

そこから、のめり込んでいったなぁ。

ミクスチャーなんて言葉を知らなかった時代に、ロックとラップを融合させたようなスタイルで、それを体現して教えてくれたバンド。

正に時代の先駆者的な立場で、カッコいい大人だった。

もちろん音楽もカッコ良かったけど、やはり
降谷建志の作るメロディがすごく好きだった。

そしてドラゴンアッシュのアルバムには、必ず最後に隠しトラックが存在した。

Hi-STANDARDもよくやっていたが、
その隠しトラックが本編より楽しみだったかもしれない。

そんな6th AL"LILY OF DA VALLEY"の
隠しトラックが今回紹介する一曲。

自分が知ってるドラゴンアッシュの楽曲で、
ダントツに好きな一曲だ。

テーマはズバリ『反戦』である。

とにかくメロディが綺麗なんだ。

サビではファルセットまで高音で歌い上げ、
Dメロくらいまである展開は自分好み。

割と重めな歌詞を、こんなにも珠玉のメロディで歌われたら、、

誰にも披露した事はないけど、この曲好きすぎて、一人で夜な夜な弾き語り練習してしまった一曲。

[AL/LILY OF DA VALLEY 収録]

fantastic world/LOVE PSYCHEDELICO


2000年初頭あたりから、ものすごいセンスを
持ったバンドが現れた。

それがLOVE PSYCHEDELICOの印象。

ネイティブな英語と日本語を操るボーカル
KUMIと、ギターリフを前面に押し出した
楽曲には本当に定評があった。

でも耳にする機会の多いシングル曲などあっても、CD買いたいまでは至らなかった。

この曲を、聴くまでは。。

そんなラブサイケデリコの9th シングル。

どこで最初に聴いたかわからないが、
サビの一節を耳にして、めっちゃ良い曲だなと印象を受けたのを覚えてる。

そして持論でもある『サビが良い曲は、A・Bメロも絶対良い』って定説通りに素晴らしい楽曲だった。

ダウナー感が漂う歌い出しから、そこから全てを救ってくれるようなサビがすごくピースフルで好きだ。

このシングル発売日が、メンバーKUMIとNAOKIが敬愛するジョン・レノンの命日だったのは、偶然なのかなぁ。

とは言え、基本シングル買わないから同曲が
収録されるアルバムを待っていたら、3年後にリリースされたベストアルバムだった。

迷わず購入。

しかも鉛筆でのイラスト紙ジャケット仕様で、
しかも初回盤には6ケタのシリアルナンバーが刻印されていた。

やっぱセンスあるバンドだなと思った。

[AL/Early Times 収録]

fantastic world

fantastic world

青春時代/GOING STEADY


先日、訃報が伝えられた西城秀樹サンが
生前のインタビューで言ってた事がある。

「好奇心がある限り、青春なんだ」

引退したプロレスラー小橋建太は言ってた。

「死ぬまで青春」

"青春"とは、男特有のものかもしれないけど、
いろんな人の解釈がある。

自分は身を粉にして何かに打ち込んだことがない性分だから、どの時代が青春だったかわからない。もしかしたら、今なのかもしれないし。

このGOING STEADY最期のシングル曲か、
自分にとって一番しっくりくる内容だった。

それは2番の歌詞の一文だ。

PK決めて 英雄だったアイツが
今じゃちっちゃな町の 郵便屋さんさ

とても幸せなはずなのに 何でか涙が出るよ

学生時代に輝いていた奴も、そのまま大人になるってパターンは少ない。

きっと芸能人にでもならない限り、無理なんだろう。

けど、当時のままとは言わないけど、やっぱ
英雄でいてほしい。
みんなの憧れでいてほしい。
「昔はワルだったんだぜ」って話を、
酒の肴にして呑む大人にならないでほしい。

そんな気持ちを代弁してくれている。

それをノイズの効いた演奏で歌う峯田和伸
共感していた。

魂こもった一曲だ。

[Sg/青春時代 収録]

Heaven’s Kitchen/BONNIE PINK


この名盤がリリースされてから、もう
20年以上経つのかぁ。

未だにバリバリで聴けるBONNIE PINK
1997年リリースのアルバム。

確かBONNIE PINKを知ったのは、アニメ
るろうに剣心』エンディング曲だった
It's Gonna Rain!からで、それを収録されてるアルバム買おうと、このCDを聴いて、今回紹介する曲を知った。

当時、なんかものすごく最先端な音楽に
触れた気がして誇らしかったな。

中学生ながら「オレBONNIE PINK聴いてるんだぜ〜〜」みたいな笑))

まず英語詞の使い方がカッコよかった。

日本語詞で入りサビから英語を使う曲なら、
そんなに珍しくはない。

けど、この曲はAメロと途中から英語の一文が入り、後半から英語の割合が増えて行く。

それが最先端と思えた所以かもしれない。

改めて調べると、あのCARDIGANSのプロデューサー、トーレ・ヨハンソンがプロデュースした作品だと知り、尚更のことこのCDが好きになった。

そして、このHeaven's Kitchenこそ、
BONNIE PINKが音楽人生で初めて作った曲なのだ。

そりゃミスチル桜井和寿も驚くわ。

[AL/Heaven's Kitchen 収録]