自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

Cherish Our Love/Love Tambourines


小文字でデカデカと『m』のロゴがトレードマークのManhattan RecordsのJAPANESE R&BコンピCDを、車の中で久しぶりに聴いていて、最後の方に耳に止まった曲があった。

クレジット見てみると”Love Tambourines
ノーマークというか、知らない名前だった。

通称ラブタンこと、ラブ・タンバリンズは91年結成の6人編成バンド。

・ELLIE (Vocal,Chorus)-作詞-
・斎藤圭市 (Guiter)-作曲-
・大町博通 (Drum,Keyboard)
宮川弾 (Keyboard)
・平見文生 (Bass)
・平野栄二 (Percussion)

ELLIEと斎藤圭市は、夫婦でやっていた。

なぜ、あまりラブタンが浸透しなかったか??

アルバム一枚リリース後に、二人が離婚したからだ。明快な答えだね。

しかも、ガッツリ喧嘩別れらしい…

そんな経緯はさておき、自分はフリッパーズ・ギターやピチカート・ファイブなどが代表される【渋谷系】の音楽が好きなんだけど、このラブタンが確立した【渋谷系R&B】というジャンルは知らなかった。

そして、この曲に完全にハマった。

R&Bというよりソウルと形容した方がしっくりくるサウンドで、特にパーカッションが際立って聴こえる。

何よりも特筆すべきは、ELLIEの歌声だ。

英語詞なんだけど、自分で作詞しているのもあって、本当にキレイに歌い上げている。発音も良いと思う。

特に、この曲の歌い出しの部分が最高だ。

高音のコーラスと、低音のボーカル。
同じボリュームだから、どっちがコーラスはわかんないくらいだけど、その重ね方が秀逸!!

そして全編通して、コーラステイクが素晴らしい!

90年前半にも、こんなオシャレ音楽があったなんてね。

今聴いても、全く古く感じさせない。

ジャケットデザインも好きだったから、CDではなくLPレコードで買った。

CDより収録曲少ないんだけどね…

[AL/Alive 収録]

Memory/DAISHI DANCE feat.Mika Nakashima


最近は流行りのEDM寄りな感じになってきてるけど、DAISHI DANCEというアーティストが、ハウスミュージックの門戸を開いてくれたというのはあると思う。

今のダンスミュージックというよりも、メロディーが重視されたハウスを提供してくれた。

特に1stAL”the P.I.A.N.O set”は当時衝撃的だったなぁ。

今聴いても1stは素晴らしい作品。

そんな札幌出身DJのDAISHI DANCEの3rdALのリード曲がコレ。

まだこのアルバムリリース前の音楽番組で、
シングルチャートやっていて、中島美嘉の新曲として紹介されていた。

ダイジェストだから、サビだけだったんだけど、そのメロディーの一節を聴いただけで充分スゴい曲だとわかった。

正に「美メロ」で、英語詞ながらも中島美嘉の伸びやかな高音が、本当に耳に残った。

トラックは、わかりやすいくらいの4つ打ち
ハウスなんだけど、すごくピアノの音が強調されていて、とても綺麗なんだな。

これは売れる曲だ!!

…と思ったけど、英語詞だからかセールスはイマイチだったみたい。

そして、中島美嘉のシングルとしてリリースされたこの曲が、その後にプロデュースしたDAISHI DANCEのアルバムに、そのまま収録された。

そして中島美嘉の後発のアルバムには収録されていない。

これって結構珍しい形態なんじゃないかな。

[AL/Spectacle. 収録]

Hey Road/RUSSKAJA


素敵な音楽が好きだけど、それと同じくらいにグチャグチャした音楽が好きなわけで……

今年出会って、結構衝撃的だったこのバンド。

ラスカーヤという6人編成で、オーストラリアのウィーンで結成されたバンド。

『ロシアン・ターボ・ポルカバンド』と自ら表現しており、メタル・スカ・ポルカなど多岐にわたるエッセンスを曲に凝縮させ爆発させている。

全面にコサックダンスしてるMVあったり。

メンバーにはウィーンの他に、ウクライナやロシア人もいて、それだけでもう多国籍感ある。

その人達が鳴らす音楽だもん、普通にやってもゴッタ煮になるわな。

その中には紅一点で女性バイオリニストや、管楽器メンバーもいて、メタルというより、ラスティックやスカパンクを軸にしている。

あとドラムが上手い。

きっとパンク畑だけ通った人のドラミングではない。

この人が、このバンドの屋台骨を支えている。

あとやはり印象的なのは、ダミ声よろしくな
ボーカルだ。

独特な巻き舌が病みつきになるね。

マイナー調のロシア民謡を、ここまで派手に鳴らすんだから新しいよ。

この曲で一番好きなシーンは、間奏から急にフラメンコの様相に変わるところ。

演奏しててココ楽しいだろな♪

これ絶対フロア向きだわ。
ロック系DJかけたら絶対盛り上がる一曲。

個人的に、期待通りにボーカルが太っていて良かった。

一人より大人数で聴きたいバンドだ。

[AL/Kosmopoliturbo 収録]

メロディーフラッグ/BUMP OF CHICKEN


以前UNIQLOで働いていた時、店内BGMは全て洋楽だった。

おそらく、ただの有線ではなくてUNIQLO独自の有線チャンネルだったと思う。

そんな折、洋楽の中にチラホラ日本のバンドの曲が入るようになってきた。

それは売れる前のORANGE RANGEとかレミオロメンだったり。

その中にBUMP OF CHICKENのこの曲も流れるようになった。
確か、ヒットした”天体観測”の直後あたりだったから、既にバンド名は知れ渡っていた時期だと思う。

「この良い曲は、なんて名前なんだ⁈」

その後に、リリースされたアルバムに収録されていたこの名曲。

どこか寂しげなアルペジオから始まるんだけど、そこからのボーカル藤原基央の低い声が、何とも言えないんだ。

そしてやはり自分的ハイライトは、2回目のサビ終わりに来る、新しいメロディー群だ。

CメロともDメロとも取れるのかな。
この珠玉のメロディーが2回目のサビから間髪入れずに始まってくる。

そこにバンドとしてのセンスを感じた。

当時20才そこそこで、このアレンジ!!
非凡としか言いようがない…そら売れるわ。

歌詞は、音楽を旗印として、自分はここにいると示してる内容。

後から知ったんだけどメンバー共通の、外傷性記憶障害になってしまった友達に向けて作った歌らしい。

歌で届けるってのは、ミュージシャンしか出来ない励まし方だ。

その事実を知った後に、改めてこの曲を聴くと、すごく感慨深いものがある。

ちなみに現在、その友達は記憶障害から回復したらしから何よりだ。

この曲は、その人の一生の宝物だろう。

[AL/Jupiter 収録]

RISE&FALL/CRAIG DAVID feat.STING


『2ステップの貴公子』と呼ばれ、
2008年くらいに、ヨーロッパで一番の売上を誇ったソロアーティストが、このクレイグ・デイヴィッドだ。

2ステップとはダンスミュージックの一部で、ざっくり言うと一小節内のリズム音の、一拍目と三拍目にアクセントを持たせる手法で、その他のベース音などがルーズになっているのが特徴。

現在は廃れたジャンルで、それを含めてR&Bと括られている事が多い。

そもそも明確な音楽ジャンルなんて、自分は無いと思ってる。

演歌こそロックだ‼︎という人もいるし。

そのクレイグ・デイヴィッドの過去5枚のALを網羅したベスト盤が素晴らしいんだな。

2ステップなんて死語になった今でも、新しく聴けるからスゴイ。

その中でも、特に哀愁際立つこの名曲を紹介したい。

客演に、あの元POLICEのスティングを迎えたこの曲。

この哀愁ハンパないギターフレーズは、スティングの"Shape of My Heart”という曲のモノ
(映画「LEON」の主題歌)で、その使用許可を打診した所、スティングが曲を気に入り、自らコーラスにも参加したという奇跡な一曲。

この曲にShape of My Heartのギターフレーズは必要不可欠だ。

コーラスと言いつつも、冒頭からスティングで始まるのが面白い。
結構ソロの時間も長いし。

そこからクレイグが入ってくる所がツボ。

しっとり歌い上げる様が最高なんだ。
あのスティングすら引き立て役にしている。

サビとも取れるスティングのパートも、半音上げたり下げたりしていて、本当にセンスを感じてしまう。

ビジネスライクなフューチャリングなら、ここまでしないだろうな。

哀愁ってのは、日本特有なモノではないんだなと知らしめてくれた一曲だ。

上質で大人なR&Bだと思う。

[AL/GREATEST HITS 収録]

水流のロック/日食なつこ


日曜深夜にやっている『関ジャム』という音楽番組で、2016年印象に残った曲として、プロデューサー蔦谷好位置が紹介していた、日食なつこ。

岩手出身のシンガーソングライター。

ARABAKI ROCK Fesや、風とロックを経て、2015年にはFUJI ROCK Fesにも出演している。

その1stALからの一曲。

正直、知らなかったアーティストだったけど、曲もさる事ながら、シンプルなMVがとても印象に残った。

軽井沢の「白糸の滝」をバックに、ピアノとドラムを向かい合わせにして演奏するっていう、ありそうでなかった手法が当たりだと思う。

水流ってつくタイトル曲を、実際の水流を見せてMV作るって閃きが素晴らしいね。

ポストロックバンドのtricotドラマーkomakiのドラムも、日食なつこのピアノとすごく相性が良い。

ポストロックっぽい叩き方してるね。

そしてやはり、日食なつこの歌唱力だろう。

高低差激しいメロディーにも、しっかり歌声がついていっている。

時には力強く、抜く所は抜く。
そのサジ加減が心地いいんだな。

ピアノも伴奏だけでなく、しっかり楽器として際立たせている。
技術力の賜物だろう。

よくヒール履いてピアノ弾けるなぁ。

所々、音を減らす所がすごくカッコいい。

ちなみに、日食なつこって名前に特に意味はないらしい…

[AL/逆光で見えない 収録]

SAYONARA/SAKEROCK


昔からのSAKEROCKファンには、共通する所があると思う。それは、

”バンマス星野源の類い稀なる才能を、全く疑っていなかった”

って事だろう。
そして、もう一つだけある。

”まさか星野源がここまで大きくなるとは‼︎”

自分もその一人である。


正直言うと、SAKEROCK特有のユルさが大好きだった。
だからこそ、後期のSAKEROCK星野源のギターが歪みだしたあたりから、あまり聴かなくなっていった。

そして解散が発表され、最期にリリースされたこのアルバム。
すぐに買わず、とりあえず試聴してみた。

そこには好きだったSAKEROCKがいた。

この時だけに、初期メンバーの野村卓史(key)と、田中馨(bass)が再加入したのが影響してるのかな。

しっかりしたユルさと、演奏を芯から楽しんでるのが伝わってきた。

そのCDの最後を飾るこの曲。

SAKEROCKなりの”サヨナラ”だ。

しんみりしたピアノから始まるんだけど、そこからトロンボーンが歌い始める。
楽器が歌うのはSAKEROCKの真骨頂だ!
星野源の♪ラララ〜〜も気持ちこもってる。

寂しい別れじゃなく、楽しくバイバイしよ〜〜って感じがSAKEROCKっぽかった。

余談だけど、試聴してすぐCD買った日が、ラストライブの抽選最終日で、何か縁を感じて応募したら、まさかの当選。

プレミアムな国技館ライブを堪能できた。
サヨナラ、サケロック!!!

[AL/SAYONARA 収録]