自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

Security Blanket/PUFFY


真っさらな状態でこの曲を聴いて、PUFFYの曲だとすぐわかる人は、まずいないと思う。

掛け値なしにカッコイイ曲。

いろんな著名なアーティストが、PUFFYをプロデュースするコンセプトのこのアルバム。

この曲では横山健サン(Hi-STANDARD)が、作曲とギターを担当していて、他のドラム・ベースは初期のKEN BANDだった二人がやっている。
健サンはあまり他のアーティストに楽曲提供しないから貴重である。

まずPUFFYといえばAmiちゃんとYumiちゃんがユニゾン(同じ音程)でユルく歌うっていう印象だったけど、今回はただひたすらカッコイイ大人の女性になっている。
(ユルい曲では”たららん”も好き)

この曲の歌はAmiちゃんだけが担当して
いて、PUFFYとは違う狙いすましたようなボーカリストの一面を見せてくれる。

特にSecurityの発音が「セッキャリティー」とカッコよく歌い上げていて、それがパンク調の曲とすごく合っている。
こんな歌上手かったのか…

ギターはモロに、健サン節が炸裂している。

最初アルペジオから入るんだけど、そのギターだけで健サンの音だとわかる。

そこからの、マジでカッコイイギターリフだけで、健サン特有のリフだとわかる。

特に圧巻はギターソロだ。

自分はHi-STANDARDを崇拝しているけど、正直カッコ良さだけなら、ハイスタ・ソロ名義の楽曲入れても、一番なんじゃないかくらいキレッキレのギターソロである。

ハイスタで培った第4の武器「コーラス」も健サンがやっていて、女性ボーカルの後ろでの健サンコーラスも違和感なくて良かった。

曲展開も単調ではなく、最後はAmiちゃんと健サンコーラスのかけ合いみたいで、曲を締めくくる。

最後のアウトロは、イントロから付随してきた形で終わる。

ちなみにSecurity Blanketとは、人が物などに執着している状態のことらしい。

この曲がキッカケとなり、後に出る健サンのソロ名義1stアルバムで、Amiちゃんがゲストボーカルで参加することになった。

本当にテンション上がる一曲だ。

[AL/SPLURGE 収録]