自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

ⒽThe Chime Will Ring-やがて鐘が鳴る-/Flipper's Guitar


フリッパーズギターが平成元年(1989年)
リリースした1stアルバムから。

シングル数枚出した後に満を持してアルバム
出すってのが定石な時代に、アルバムで
デビューし、歌詞も全編英語。
この辺のマインドが『Punk』なんだな。

このアルバム最初に聴いた時に一番自分に
刺さってきたのが、この曲なんだな。

フリッパーズは、だんだんバンドとしての
体制をとらなくなっていくけど、この時期は
しっかりバンドとしてのサウンドを追求してたと思う。

しっかりアコースティックギターとエレキの
音でメリハリをつけてたり【ネオアコ】感が
満載なんだな〜〜

遠くで星屑が飛び散るようなアコギと、
結構バキバキしたベース音。
その上で遊ぶカッティングギター。
正に、ロックバンドである。
後に全編サンプリングのサウンドに移行する
バンドだとは、とてもこの時点で思えないわ。

そして、この曲一番の鳥肌ポイントはサビだ。

英語詞だが、よく聴くと韻を踏みまくってる。
"i"の付く単語をあえて多用してる部分ね。
80年代でこんなことをしてたのか…

後半、少し雰囲気重くなって、そこから
ボーカル二人の掛け合いから転調して、
一気に開けるとこなんて最高のアレンジ。

令和になってもフリッパーズ聴くよ。

[AL/three cheers for our side ~海へ行くつもりじゃなかった〜 収録]