自己満的音楽生活ノススメ

「今日の一曲」と題しまして、自分の好きな曲を勝手にレビューします。あまり批評はせず、好きなトコだけ語ります。

Brand New Dawn/Hawaiian6

Hawaiian6のCDを何枚か聴いてて、ふと 感じたことがあった。「どのCDも最後の曲が好きだな」なんかこのバンドのCDの最後を締める曲が ものすごく切ないメロディーが立ってて、 THE 最後の曲‼︎って思える名曲が多い印象。そして今回紹介する曲もAL『BONDS』を…

入水願い/東京事変

東京事変のデビューアルバムの中で、 一際異彩を放つと思うテイストの一曲。当時「入水」という意味さえ知らなかった。大きく2つあって、読み方で全然意味合いが 変わってくる稀有な単語。〈にゅうすい〉とは、プールや海などに入ること。〈じゅすい〉とは…

Ⓣ東京/銀杏BOYZ

【曲名が東京の曲week】トリは決めてた。 峯田和伸の銀杏BOYZの一曲。大都会的な東京ではなく、下北沢や高円寺など サブカルな東京を連想させる名曲。実はGOING STEADYブレイク時に、我が 郡山市では、ある噂が蔓延った。『峯田和伸の彼女って郡山の人らしい…

ⓉLost in Tokyo/EMI MARIA

【曲名が東京の曲week】第3弾!! で、もう曲名"東京"じゃなくなった!?別にネタ切れでもなく、ただ好きな曲に Tokyoが入ってるからレビューするだけ。 自由でいいんです。前にもレビューした好きなシンガーソングライターのEmi Meyerをネットでチェックし…

Ⓣ東京/Kureino

【曲名が東京の曲week】第2弾!!なんか上京したり、地方から見た東京を モチーフにした曲が多い印象だから、 今回は東京から見た東京、的な一曲を。今年知った音楽レーベル『Chilly Source』 ホームページから引用させてもらうと、>Chillで気持ち良い音楽…

Ⓣ東京/くるり

今週は温めてた新企画!! 【曲名が東京の歌week】やっぱ世界に誇れるTokyoともなれば、 それに纏わる名曲も多い。自分の中では住みたくはないけど、遊ぶなら 最高だと思う東京。世界中の音楽が手に入る東京。実際、海外のレコードバイヤーの買い付けが ニュ…

The hole/King Gnu

今年リリースされたKing Gnuのアルバムで ものすごく気になった曲があった。アウトロ的な曲を除けば、アルバム最後を 飾るバラードで、正直一回目に通して聴いた時は、それほど印象に残らなかった。ただ、二回目から良い意味での違和感あった。 「あれ?今の…

ハーコー/B-DASH

本当に大好きだったB-DASH 一度もライブに行けなかったB-DASH そして解散してしまったB-DASH純粋なメロコアから、なんか英語に聴こえる 『メチャクチャ語』を確立し、メジャー 進出して順風満帆な活動だと思ってた。そのバンドが正に伸び盛りの時にリリース …

Takeda'2/レキシ feat.ニセレキシ

いや最高でしょ、この曲はw日本の歴史をモチーフに楽曲を作り、 大物ミュージシャンを巻き込んで活動する レキシの問題作で、唯一のシリーズモノだ。 (今回はPart.2)そう、主人公は"Takeda"こと武田信玄。 戦国時代の誰もが知る武将である。それをコミカルに…

aruarian dance/Nujabes

アニメ『サムライチャンプルー』サントラ からの一曲で、愛すべきNujabesの遺作。とんでもない名曲だと断言できる!! 何故レビューしてなかった俺⁈そして最近知ったんだけど、韓国の小学生 がこの曲をカバーしているのだ。 (授業の一環なのかな⁇) きっと教…

It's Gonna Rain!/BONNIE PINK

梅雨時期だから、"雨"にまつわる歌を。BONNIE PINK初期の大好きな一曲。 そう、アニメ『るろうに剣心』EDテーマで 初めて聴いた一曲。確か、この曲でBONNIE PINKを知った。るろうに剣心の舞台設定が、幕末〜明治 にかけてで、純和風な時代描写にも関わらず …

I am me./BiSH

今週リリースされたBiSHのメジャー3rd AL配信限定でリリースされた『CARROTS』と 『STiCKS』に数曲合わせた作品だ。初めてBiSH好きになった時の高揚感は、 もう感じなくなっている自分。 それを、このアルバム通して再認識した。実験的な曲だったり、ボーカ…

HORSEY MARIE/YUKARI FRESH

LOW IQ 01とフューチャリングして、 Sex Pistols『Anarchy in the UK』のカバー やったことで知ったボーカリストが、 ユカリ・フレッシュなんだな。とにかくミュージシャンに愛される歌手 ってイメージが強い。そして所属していたレーベルである escalator r…

LOVEずっきゅん/相対性理論

いわゆる【東京モード学園】のCM曲に 起用されそうな『サブカル系バンド』の ハシリみたいな印象の相対性理論。とにかくビジュアルを一切出さずに、 曲先行で活動する様なんて特にそう思う。現在も続いている『CDショップ大賞』の 映えある第1回の大賞受賞…

CHANCE/蓮沼執太 feat.中村佳穂

2018年に知って、結構衝撃的だったのは 中村佳穂ってシンガーソングライターだ↓↓ きっとね!/中村佳穂 - 自己満的音楽生活ノススメそして昨日レビューした蓮沼執太と、先月 コラボした曲を配信リリースしたんだな。今回紹介する曲で初めて蓮沼執太を知った。 …

RAW TOWN/蓮沼執太

3年前にリリースされたCDが良かった。 先週知ったアーティストの蓮沼執太である。予告すると、明日もこの人の曲をレビュー する予定(feat.中村佳穂の新曲)まず、この蓮沼執太ってアーティストは 正直ノーマークだった。 自分の音楽アンテナも、まだ精進足り…

Rain/SIRUP

先行でリリースされたEP2枚をあえてスルー して、待ちわびてたSIRUPのフルアルバム。 それが今月、満を持してリリースされた。掛け値なく、本ッ当に最高な一枚だった。大阪出身シンガーソングライターのKYOtaro 1人でのプロジェクトだ。 『SIRUP』という名…

Clean & Dirty/HARVARD

先週、【好きな女性デュオ曲week】を やってみて、男性のデュオってあんま好きな ユニット無いなと認識したわけだけど、 全く無いわけじゃなく、しっかり好きな のはあったわ。それがHARVARDだ。日本以上に韓国で、ものすごい人気がある。 下記リンクのコメ…

Prayer X/King Gnu

実は、かなり衝撃を受けたKing Gnuの一曲。2018年にシングルリリースされたのは 知ってたけど、今年に出た1st ALまで我慢 したかったから、あえて聴かなかった。改めて、これはスゴい曲。『BANANA FISH』というアニメの タイアップで、それを元に作られたら…

NO NAME/Oi-SKALL MATES

スカってジャンルは亜流とされるスカコアから 入って、そこからオイスカルメイツに出会い 今も大好きなバンドとなった。 だって、スゲーカッコいいんだもん。最近だとPiZZA OF DEATH主催パンクフェス 【SATANIC CARNIVAL'19】にも出演し、 スカグルーヴで会…

ラストダンス/UNLIMITS

メロコアというジャンルに、80年代歌謡曲の エッセンスをモロにブッ込んだバンドである UNLIMITSの大好きな一曲。5th AL一曲目『ボーダーライン』から、 この曲への流れが、とにかくツボなんだ。初めて聴いた時は鳥肌立ったのを覚えてる。まずドラムパターン…

Ⓦ未来へ/Kiroro

【好きな女性デュオ曲Week】この企画の トリはKiroroって最初から決めてた。沖縄出身の高校同級生2人組だ。・玉城千春(ボーカル) ・金城綾乃(ピアノ・キーボード)紅白に二度出場したり、国民的な人気を 持ったKiroroだけど、この人達こそ正に 『歌の力で売…

Ⓦ宇宙をあげる/赤頬思春期

【好きな女性デュオ曲Week】第四弾は 韓国でブレイクし、日本デビューも果たした 最近好きなアーティストを紹介。韓国ではBolbbalgan4(略してBol4)という 名前で活動しているんだけど、日本デビュー した際の名前が『赤頬思春期』*アン・ジヨン *ウ・ジユ…

ⓌBABY BABY/メトロトリップ

【好きな女性デュオ曲Week】第三弾は メトロトリップだ〜〜超好きな2人組!どのサイトにも試聴なかったんだけど、 弘田三枝子『砂に消えた涙』のカバーを 聴いて、一発でメトロトリップの虜になった。 (以前、その矢沢永吉ver.をレビューしたのは コチラか…

ⓌUFO/ピンク・レディー

【好きな女性デュオ曲Week】第二弾は、 正に先駆者といえるピンク・レディー!!ミー&ケイの2人組が、お茶の間を沸かし 自身最大のヒット曲となった歌。昭和を代表する一曲と言っても、過言では ないと言えるし、国民的ソングだ。 ダンスも真似しやすく、社…

ⓌSwitch/chelmico

令和一発目の新企画〜〜題して【好きな女性デュオ曲Week‼︎】女性2人組ユニットに特化してレビューする 一週間ね!(ⓌはWomen's Duoの頭文字)昔から、この女性2人組って形態がなんか 好きで、売れて仲違いする危うさもあって つい気になってしまう。このレビ…

Mine/LEVEN KALI

DJ TA-1がSpotfiyでプッシュしてたCDが すごく良かったんだな〜〜それがLeven Kaliというアーティストだ。アメリカのカリフォルニア州サンタモニカを 拠点に活動するシンガーソングライターで、 音楽プロデューサーでもある彼。DJ TA-1が「未来のソウル」と…

心は/片平里菜

この前に片平里菜の『Come Back Home』を レビューした流れで、この名盤と思える 1stをずっと車で聴いていた。やっぱ良い作品だし、何より曲順の流れが 秀逸なんじゃないかなと思える。このアルバムではいろんなアーティストと コラボした楽曲が沢山あって、…

毒/長谷川白紙

luteで初めて聴いた時は「なんじゃこりゃ?」 「このテのは、ちと苦手なんだよな〜〜」そう思ったのは一瞬。 これは凄い才能持ったアーティストだ! 長谷川白紙の最初の印象である。今後もっと売れていくだろうシンガーソングライターだ。CDリリースした2018…

Re:Re:Love/大森靖子 feat.峯田和伸

銀杏BOYZの峯田和伸もベテランの域に なってきており、その音楽を聴いてきて 影響されたというアーティストをよく見るようになってきた。その中でも大森靖子は、特にそれが顕著だ。 本当にリスペクトしてるんだなと感じる。そんな大森靖子が、その峯田和伸を…